寺本 衣里加

寺本 衣里加

158


スーツをバリっと着こなして、ネクタイもチーフの小物使いもオシャレ! 鮮やかな色使いがうまくて、とにかく素敵です。

彼らはアフリカ、コンゴ共和国のサプールと呼ばれる洋服にこだわりをもつ人たち。赤道直下のコンゴでスーツ。さぞ暑いでしょうけど、そんなのオシャレには関係ないのです。





ウットリしてしまうほどダンディーなサプールのファッションには、コーディネートで使用して良い色は最大3色までというルールがあります。色使いは派手でも、スタイリングはとてもまとまっているのはそのせいですね。



彼らのオシャレは仕事のためではなく、趣味。そしてその趣味のファッションにかける情熱は 、生半可ではありません。彼らの住むブラザビルの平均月収は約300ドルですが、身にまとうスーツ、アクセサリー、シャツは何千ドルもするそう。50〜60年代のフランスのファッションにこだわり、お金を貯めては新しいスーツを買うのです。

その昔、フランスの植民地であったコンゴ共和国の人々は、フランスの文化やファッションに大きな影響を受け、憧れを抱いているのだそう。それゆえ、サプールはいつの日かパリへ行くことを夢見ています。



これだけオシャレだったら、パリでもきっと通用するはず! お金を貯めて、夢をかなえて欲しいですね。

The Gentlemen Of Bakongo And Their Cult Of Elegance [SABOTAGE TIMES]

寺本 衣里加

お酒とキレイなものが大好きな冷静沈着型おてんば娘。趣味は情報収集、料理、走ること。特技は三点倒立。標準語と関西弁を話します。興味のあることには何でもチャレンジ!浅く広い経験と知識があり、そのきっかけに出会うべく、人に出会うことも大好きです。皆さんの心の琴線に触れるようなものをお送りしていきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking