SHARE


街中のオフィスビル。殺風景な内装ではなく、やっぱり自然を生かしたデザインを反映させたいですよね。



イギリスのデザイナーPaul CocksedgeさんがロンドンのSOHOビルのためにデザインした「The Living Staircase」は、木や緑のプラントを生かしたナチュラル志向のらせん階段です。



冷たい印象のコンクリートやタイルではなく、優しい色合いの木をベースに、手すり上にはプランターを多数配置していて、ミントなどを栽培。ガーデニングまで楽しめちゃう、温かみのあるデザインですね。



しかも、そんなガーデニングに囲まれるかのように、らせんの中心には読書スペースや談笑スペースなどのくつろぎリビング空間が設けられています。これは快適そう。

現在、他のデザイン事務所とパートナーシップを結んでこのらせん階段の創造に取り組んでいるそうです。こんな階段がある大吹き抜けのビルなら、きっと人がもっと集まりますね。

PAUL COCKSEDGE DESIGNS ‘LIVING STAIRCASE’ [design curial]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense