20131122ECpros

SHARE


目的別に特化したデザインがあるほど、日進月歩している義足の開発技術。

両足ともスポーツ用の義足を付けて短距離を走る選手もいます。まだコンセプト段階ですが、今度はサッカーができる義足が登場しそうです。



Aurélien Dantinさんがデザインしたサッカー用の義足。もはや義足に見えません。最初はすね当て付きシューズかと思いました。



ランニング・ブレードと呼ばれる短距離走者がつかう義足がベースになっています。



そのランニング・ブレードの足先は、強度を高めるためチタンで覆われています。



さらに足先を覆ったチタンは、ボールをけれるようにシューズ状の形状になっています。もちろんソールにスパイクも付けます。



通常のサッカー用シューズの様に複数のモデルもあります。



こちらは世界中のビッグクラブ仕様モデル。グッと雰囲気でますね。

いつかこれを付けたサッカー選手がビッグクラブでプレーしたり、ワールドカップに出場したりするのでしょうか。とても楽しみです。

The Impetus leg prosthetic[YANKO DESIGN]

20131122ECpros

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense