伝統的な技術と最新技術のコンビネーションが生み出したレタープレス(活版印刷)マシーンstampomatica(スタンポマティカ)」。なんと3Dプリンター製なのです。



活版印刷と言うと、アンティークだったり、大きくて高価なマシーンで刷る、といったようなイメージを持っていました。

ですが、このスタンポマティカは小さくて軽く、持ち運びも簡単にできるサイズ。DIY感覚で活版印刷が出来るようになるということです。このフォルムも格好良いですね。

名刺サイズ印刷用ポストカード印刷用といった2種類のマシーンがあり、それぞれ印刷用のプレートやインクの色などを選ぶことでカスタマイズができるそうです。



このマシーンは、イタリアのTechnificoLino’s Typeという会社が共同でデザインしたもの。すでにMaker’s Faire Rome 2013というイベントで発表しています。購入が出来るようになるのはもう少し先のようです。



ワークショップ等でしかなかなか体験できないレタープレス。この古き良き印刷技術と新しい製造技術のコラボレーションによって、その敷居が少し低くなるってちょっと素敵な話ですよね。発売が待ち遠しいです。

stampomatica 3D printed letterpress machines[designboom]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking