スターウォーズの名脇役キャラと言えばR2-D2、C-3PO、チューバッカなどが有名ですが、ヘルメットが目印の大量に登場する白いあいつといえば? そう、ストームトゥルーパー! 彼らが、ロンドンの地に華麗なアートとして出現しました。



これは、ロンドンをベースとして様々なパブリックアートを企画しているArt Belowと、著名クリエイター達による、ART WARSという企画です。

見てお分かりになるように、ストームトゥルーパーがアーティストたちの手によって芸術作品に様変わり! ボディが白いだけに、格好のキャンバスというわけです。



この企画のテーマは「TURNING THE DARK SIDE ONTO THE ART SIDE」。「『ダークサイド』を『アートサイド』へ」というシャレの効いたもの。

参加クリエイターは、ダミアン・ハーストMr.ブレインウォッシュチャップマンブラザーズデイビット・ベイリーといった、イギリスを中心に活動している錚々たる顔ぶれ。これはストームトゥルーパーも大喜びですね。




今回の作品は10月にロンドンのStrarta Art Fairや、地下鉄リージェントパーク駅全プラットフォームのビルボードスペースで展示されました。

しかしこの企画、ただアート作品を見せるだけで終わっていません。

実は、この展示と展示後のオークションで得られる収入の全てはMissing Tom Fundに使われます。Missing Tom Fundとは、2003年に行方不明になってしまった、Arts Belowの創設者ベン・ムーアの兄弟であるトムを捜索するために作られたものです。

過去のART WARS作品のアーカイブは、こちらから見ることができます。

ART WARS
‘ART WARS’ AT SAATCHI FALLERY.[Art Below]
Missing Tom Fund
Strata Art Fair
Art Below Presents “Art Wars” @ The Saatchi Gallery[HYPERBEAST]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense