SHARE


その奇妙な動きとコンセプトからヒットした、高田コレクションの貯金箱「フェイスバンク」のセカンドバージョン「フェイスバンク2(2009年発売)」が、今更ながらなんかいい。



斜めの四角い貯金箱表面には、鼻と口が。「存在感が鼻につく」というキャッチコピーの通り、見た目は非常に奇妙です。



コインを近づけるとモーターが作動し、口に入れるとむしゃむしゃと食べ始め、飲み込んでしまうのです。500円玉を30個ほど貯めることができるそうです。

部屋におひとついかがでしょう。アマゾンでも購入できます。新シリーズは出ないんでしょうか。

Banpresto Facebank2 [AUDIOCUBES]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense