一見すると美しい夜景ですが、そこに表されているのはロンドンに起こる様々な危険なシーンなのです。



イギリス人のアーティスト、James Cauty氏の作品「The Aftermath Dislocation Principle part I」。1/87スケールのジオラマの中には数々の犯罪や事故などのシーンと5000人以上の警察官たちがひしめき合っています。



街頭や建物の明かりの中に無数の青いパトカーのランプが点滅していて美しくも危険な街の様子を伺わせますね。

そしてそれぞれのシーンをガラス瓶の中に切り取った「The Aftermath Dislocation Principle part II」。この作品はこちらより購入も可能です。



「The Aftermath Dislocation Principle part I 」は展示された後、作者自らジオラマの中の世界のように破壊してしまったのだそう。

展示が行われたロンドンのアートスペースThe L-13 Light Industrial Workshopでは、11月24日より新たにオランダを舞台にした作品「THE AFTERMATH DISLOCATION PRINCIPLE Part IV」が展示されますよ。

a miniature post-apocalyptic world by james cautydesignboom

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking