SHARE


NYのグランドセントラル駅から、約1時間半程にある「ビーコン」という街に、「ディア芸術財団」が2003年5月にオープンした現代美術館「Dia:Beacon(ディア・ビーコン)」があります。



もともとこの場所には、ビスケットで有名なナビスコ社の2万2000平方メートルという広大な包装印刷工場がありましたが、元からあった特徴を活かしながら、新しい美術館のあり方を提案する展示スペースに蘇らせました。



大都市にある美術館では、展示スペースに限りがあるので、なかなか巨大な作品というのは難しいものです。

しかしここではおそらく、ここでしか展示が出来ないだろう巨大な1960年代以降の作品が沢山見る事が出来ます。



そして、展示室内部の照明は、ほぼ自然光で構成されているのにも驚きです。



作品が「大きい」ということだけで、人間に与える感動は何倍にもなる気がします。



歩いても歩いても、アンディ・ウォーホルに囲まれたり。



底が見えない穴を見たり。



巨大な曲がった壁に入ってみたり。



こんな体験を丸ごと出来る、オススメの美術館です。

場所や詳しい情報はこちらからどうぞ。

Dia:Beacon

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense