SHARE


もしかしたら、近年のレトロデザインブームの中で一番レトロかも。

ニコンから銀塩時代のフォルムを漂わせるデジタル一眼レフカメラ「Df」が発表されました。



この通り、軍艦部は古き良きメカニカルなデザイン。シャッタースピード、露出補正、ISO感度、モードダイヤルが所狭しと配置されています。「MADE IN JAPAN」の控えめだけど、ちゃんと主張している表記からニコンの自信が伺える気がします。



センサーと画像処理エンジンは、ニコンのフラッグシップ機である「D4」のものが搭載されているという本気っぷり。

価格はボディのみが28万円前後、50mm F1.8のニッコールレンズ付きのキットが30万円前後になるようです。


画像素子:フルサイズCMOSセンサー
有効画素数:1625万画素
ISO感度:100-12800(拡張時:50-204800)
連写:約5.5コマ/秒
ディスプレイ:3.2インチ 約92万ピクセル
レンズマウント:Nikon Fマウント


いつもレンジファインダーで撮影しているんですが、今週末はオトンに貰ったNikon Fを持ち出してみよう。

Nikon’s full-frame Df: a modern camera in a stunning old-school body, all for $2,999.95[THE VERGE]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense