SHARE


日本のデザインスタジオ、nendoによって発表された「輪郭」がテーマの『thin black lines』の作品をご紹介します。




輪郭だけが描かれたスケッチのようで、実際には立体として存在します。



ハンガーラック



見ていると、とても不思議な感覚に陥ります。



サイドテーブル




そして、理解できるまでに、二次元と三次元の世界を行ったり来たり。目も脳みそもグルグルしてしまいそうです。



ミラー




時計



でも、スケッチのような線は柔らかい雰囲気を持っていて、部屋に置いたらその部分だけ浮かんでいるような、不思議な空間ができそうですね。

デザイナーの佐藤ナオキさんとデザイン事務所nendoは、共に、Newsweek紙の「世界が尊敬する日本人100人」(2006年)、「世界が注目する日本の中小企業100社」(2007年)にも選ばれています。日本が誇るスキンケア商品THREEのボトルもnendoによるデザイン。

『thin black lines』は、2010年にロンドンのサーチギャラリーで開催された個展で発表された作品。トップ写真のマグカップやワイングラス、ティーカップの形をした花瓶たちは『thin black lines』のコンセプトを元に2013年に商品化され、NYのギャラリーFriedman Bendaにて取り扱っているようです。詳細については直接お問い合わせください。

thin black linesthin black vase [nendo]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense