これは絵なのか本物なのか。



韓国のフォトグラファーHyoung Ho Leeさんの作品「Tree」シリーズ。木の全体が収まる大きな白い背景幕を後ろに立てて撮影し、まるでキャンバスに描いた絵のような一枚にしてしまうという驚きのテクニックです。



大きいもので18メートルを超えるキャンバスを後ろに立てるのですから大変です。もちろん一人では難しく、クルーと共にクレーンなども使って準備を整えるのだそうです。これはまさしく「木のポートレート写真」ですね。



真っ白い背景幕によって周囲の自然から隔離されることで、2Dの絵のようになってしまうなんて不思議。目って簡単に騙されちゃう。



周囲に溶け込んでしまう木の形状が白い無地の背景によって浮き上がるわけですね。この撮影テクニックはかなり応用が利きそうです。

Canvas Backdrops Turn Actual Trees Into 2D Artworks [Twisted Shifter]
MYOUNG HO LEE [Yosshi Milo Gallery]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense