SHARE


グッとくるデザインをどんどん紹介。

東京ミッドタウンで行われている「GOOD DESIGN EXHIBITION/G展」と明治神宮外苑の「TOKYO DESIGNERS WEEK」のレポートをお送りします。順次更新していきますので、お楽しみに!

河原田長臣


monotribe/KORG


コンパクトなボディに機能ががっつり詰まっている「monotribe」。現代を代表するアナログシンセです。



メインホールはこんな感じ。

河原田長臣

Masking Color/大洋塗料株式会社


塗ったあとから剥がせる水性塗料「Masking Color」。窓ガラスに絵や文字を描いても、簡単に剥がすことができる画期的な水性塗料です。ペンタイプのボトルで、道具いらずなのも魅力。

佐々木 崇




ロケット・イプシロン/独立行政法人宇宙航空研究開発機構


高性能と低コストの両立を目指す新時代の固体燃料ロケット。ロケットがグッドデザインを受賞って意外ですね。


面発光LED照明 パネルミナ/Panasonic


調光機能がついてこの薄さは革命的。未来感溢れるデザインですが、さまざまテイストの空間にマッチしそうですね。


ノイズ カーゴ/株式会社NOiS


マウンテンバイクなどと同等の26インチフレームサイズに、20インチタイヤを採用することにより、窮屈さを感じさせない走行性が特徴。見た目にもインパクトのあるバイクです。

河原田長臣

GR/リコー


リコーの名機「GR」。一切無駄のないシンプルなデザインと、手にフィットする感覚はコンデジの中でもピカイチ。機能面も充実しており、プロカメラマンのサブカメラとしても活躍しています。

佐々木 崇




RX1/SONY


フルサイズセンサーを搭載したレンズ固定式カメラ。カール・ツァイスのレンズ「ゾナー」が搭載されています。個人的には光学ファインダーのアナログなデザインにグッときますン。



ふっと外に目をやるとカラスが。この大都会を見て何を思うのでしょう…。

河原田長臣

ごはん土鍋/クッキングプラス


土鍋で簡単にお米が炊ける商品。ガラスのふたや笛の鳴る取手など、誰でも簡単にお米を炊くことが出来ます。


モノスマート/株式会社トンボ鉛筆


厚みが従来の半分の5.5mm。一般的なノートの行間が6〜7mmのため、行間を出ることなく文字を消すことが出来ます。機能も見た目もスマートなやつです。

稲崎吾郎


コーヒーサイフォン ハリオ・ソムリエ


ワインのデキャンターをイメージしデザインされたコーヒーサイフォンです。ガラスの手吹き職人が一つ一つ丁寧に吹き上げてつくられています。

河原田長臣

Sweeplus スリムスティッククリーナー color pencil/株式会社シーシーピー


部屋の隅に置いても収まりのいい、スリムでコンパクトなボディのサイクロン式スティッククリーナー「Sweeplus スリムスティッククリーナー color pencil」。他にはないヴィヴィッドなカラーで、小さいながらも見た目のインパクトは大きいです。

佐々木 崇

また、会場となった東京ミッドタウンの一階では「Tokyo Midtown Award 2013」の受賞作も展示されていました。今年のアート部門のテーマは「都市」。

TRANSFORM/中里洋介


都市のゴミの表面を空間に描き出したという作品。いろいろなシルエットが重なり合い、有機的なフォルムを形成しています。


Corvus/渡辺元佳


都市の象徴的な生き物とも言えるカラス。しかも、巨大です。作者のコメントでは昼と夜で違った表情が楽しめるとのこと。一体、夜はどうなるのでしょう?


クレマアチス/スナックその


黄色いモコモコとしたバレリーナ。その構成要素は無数の「アヒルちゃん」。都市で生きる人をアイロニックに表現しています。


単眼的風景: Gruppo del Laocoonte/鈴木 一太郎


こちらが2013年度のアート部門のグランプリ作品。真実から目を背けがちな現代の目線を、ドット絵のラオコーンを使うことで皮肉的に表現しています。

稲崎吾郎

続いてTOKYO DESIGNERS WEEKをお届けします。




さてさて、G展に引き続き、そのあとやってきたのは明治神宮外苑で行われている「東京デザイナーズウィーク2013」。ちょっと暗くなってしまいましたが、まだまだたくさんの人が集まって来ていますよ!

本会場には大小様々なテントがあり、メインとなる一番大きな展示会場にはたくさんの企業やクリエイターが作品を展示しています。少し肌寒い外とは違い、会場内はたくさんの人で熱気に包まれています。



中央には世界各国から集まったデザイナーやクリエイターたちから直接アイテムを購入できる「designboom mart TOKYO2103」のエリア。





その周りはたくさんの企業ブースで埋め尽くされています。インタラクティブな体験ができるブースもあれば、企業とアーティストがコラボしたブースもあったりと、ただ歩くだけでもいい刺激になりそうです。





この他にも、世界12カ国以上から54校が参加している「学校作品展」や、TDWの代名詞とも言える「コンテナ展」、クリエイターによる「ワークショップ」など、まだまだ見るべきものがたくさんあります。



ルーミー陣もまだまだ展示を見てまわりたいのですが、我々にはみなさんに記事をお届けしないといけないわけで…。



こんな感じでやってます。寒いっす!

「東京デザイナーズウィーク2013」は11月4日まで開催中。今週末、みんなで東京のアート&デザインを体感してみてはいかがですか?

稲崎吾郎

G展/GOOD DESIGN EXHIBITION 2013
日時:10月30日(水)〜11月4日(祝・月)
会場:東京ミッドタウン内各所
チケット:1000円
TOKYO DESIGNERS WEEK
日時:10月26日(土)〜11月4日(月・祝)
会場:明治神宮外苑絵画館前(中央会場)、都内サテライト会場
チケット:当日2500円

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense