タンスに眠っている、着なくなった衣類ありませんか。私は結構あります。売ってしまうのももったいないので、DIYでリメイクしちゃいましょう。今回は、リメイクの中では簡単なペイントをやってみたいと思います。



タンスの奥に眠っていたのは、この黒のカラーパンツ。これを、トム・ブラウン風?に白いラインを4本引いてリメイクしたいと思います。



必要な道具は全部で4つ。

・パレット代わりにする画用紙
・マスキングテープ(細め)
・水性アクリルペンキ(油性でもいいです)
・はけ

どれも100円ショップやホームセンターで購入できます。



まずはペイントがはみ出ないように、キャンパス部分をマスキングテープで囲ってしまいます。ここで注意点が3つ。

・マスキングテープを貼るに当たってホコリをできる限り取って下さい。
・生地をまっすぐに伸ばしてください。ペイント時にシワになります。
・生地の縫い目の段差に気をつけて下さい。テープのスキマが出来てそこにペンキが流れ込みます。



こんな風に均等にラインを作ります。目分量でいいと思います。これで下準備はOKです。


ペンキをはみ出さないようにたっぷり塗って下さい。コーティングするようなイメージです。今回水性のアクリルペンキを使いましたが、決して水で薄めないでください。生地に染みこんでしまい色が薄くなります。以前Tシャツで水で薄めてペイントしたら、インクが染みこんでにじんでしまいました。



塗り終わったらあとは8~12時間程乾燥させます。その後、マスキングテープを剥がして出来上がり!

ラインの右側を見て下さい!

先程の注意点を守らなかったために、マスキングテープのスキマにペンキが入り込んでしましました。。ペンキが垂れてきた風ということにします(笑)。



いざ試着です。ペイントの失敗はあまり気になりませんでした。さすがにトム・ブラウンとまではいきませんが、いい感じに仕上がったと思います。

ちなみに洗濯は普通に生地を裏返してネットに入れて洗濯機で洗えば、まずペンキがとれることは無いと思います。(実際に洗濯しましたが、色落ちしませんでした。)

固めの生地の衣類であれば大抵ペイントできるので、ご興味のあるかたは一度やってみてください。

※リメイクする際には道具の使用上の注意をよく読み用法、用量を守り正しくお使い下さい。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense