SHARE


これ何に見えますか?

火花がパチパチしてるみたいに見えませんか。


これは、火の玉を落とさないようにして、できるだけ長く花火を楽しむ“線香花火”のような形をしたバランスゲーム「センコウハナビシ」

プレイヤーが花火師となり、順番に火の玉のまわりに火花のパーツをつなげていきます。


花火はどんどん大きくなっていきます。いつ落ちるかわからない火の玉に気分はドキドキ。

最後に火の玉を落としてしまった人が負けで、全ての火花をつけられたら全員の勝ちです。

こちらは、福永紙工(東京・立川)と様々なデザイナーによるコラボレーションプロジェクト「かみの工作所」の「紙のゲーム」のうちのひとつ。センコウハナビシは、大畑友則さんと瀧ひろみさんによるデザインユニット「switch design」がデザインしました。

「紙のゲーム」シリーズは、ほかにも種類があるのでこちらをご覧ください。

福永紙工ネットショップ「かみぐ」

photo by Ryokan Abe

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense