下の写真で気持ち良さそうに寝ているこちらの美しい少女。Rosie Hardyという、たった22歳のプロカメラマンのセルフポートレートです。

“Under your blanket”

“These Spaces Up With Days”

彼女の写真はバックグラウンドをとても効果的に使うことで、まるで、おとぎ話の中にいるような、自由な世界を作り上げます。そしてプロップの使い方が個性的。女の子独特の、22歳の彼女だからできる、繊細な心の動きを描き出します。

“You Are Not Alone”

“a new world”

“we painted the skies”

“Nightmare No.5 or 6”

溢れる感情がまっすぐ伝わってくる写真たち。

彼女が有名になったきっかけは、アメリカの人気バンドMaroon 5のアルバムカバーに使われたことでした。しかもその出会い方が前代未聞で、その当時、アルバムリリースの準備ができているのに、カバーとなる写真だけがない! というピンチの状態だったMaroon 5。マネージメント会社がアルバムタイトルでネット検索してみたところ、彼女の写真を見つけたのだとか。

“I need to feel your hands all over me”

当時、Flickr上で「365 Days」というセルフポートレイトのプロジェクトを展開していた彼女。「365 Days」にあった こちらの写真、”I need to feel your hands all over me”という写真が、後に発売される「Hands All Over Me」の検索に引っかかったというわけです。

「もっとセクシーに」という注文を受けて、コンセプトはそのままに撮り直されたカバー写真が、ご存知トップの写真。

「365 Days」では、日記のように、彼女のその時の心情を表す写真が見られます。

“he took me to place I’d never seen”

当時付き合っていたカメラマンとの作品や、

 

“Its Hard Being Ugly, Sister”

自らが体験した脱毛症の醜くなっていく恐怖を表したものなど。

そんな彼女ですが、写真を始めたきっかけは、15歳の時に、MySpaceにかわいい自分の写真をアップしたかったからで、Maroon 5から声がかかるまで、写真はまったくの趣味だったとか(趣味の域はとうに超えていますが)。

“that sinking feeling”

写真の編集技術をYoutubeでちょこっと見せてくれています。

今はサイト上で、直接コンタクト、撮影オーダーが可能な彼女も、近い将来、手の届かないスターカメラマンになるかもしれませんね。何かの記念に思い切ってリクエストしてみるのもアリ?

この先、目が離せない彼女です。

Flickr上のコチラのページから、彼女の作品がチェックできます。

[Rosie Hardy website]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense