河原田長臣

河原田長臣


富士フイルムからXシリーズの新機種「FUJIFILM X-A1」が発表されました。

先日ルーミーでも取り上げた「X-M1」と同じく、画質機動性にこだわってつくられたXシリーズのエントリーモデルとなります。

X-M1の機能は引き継ぎながらも、ボディの単体価格が6万円前後(店頭予想価格)と、低価格を実現しました。

XシリーズのDNAを受け継いだクラシックなデザイン


ただ低価格のエントリーモデルとはいえ、中身は富士フイルムの画質へのこだわりがぎっしりと詰まったXシリーズに変わりなく、APS-Cサイズセンサーを搭載したコスパの高いミラーレス機となっています。

画像素子:CMOSセンサー(APS-Cサイズ)
有効画素数:1630万画素
ISO感度:ISO100〜25600
レンズマウント:FUJIFILM Xマウント
その他:WiFi機能、チルト液晶モニター(3インチ、92万ドット)、アドバンストフィルター、フィルムシミュレーション



他のXシリーズ機が搭載しているX-Trans CMOSセンサーではなくなりましたが、どのような表現をするのか、個人的には早く体感してみたいところ。

Xマウントシステム、レンズとともに順調に成長していますね。

X-A1[FUJIFILM]

河原田長臣

GIZMODO JAPAN編集部翻訳担当からroomie編集部に。大学では海洋工学を専攻、音楽はマーラーやレスピーギ、ロックやダブステップと幅広く愛し、写真好きでカメラはLeica Mマウント、iPhoneよりもBlackBerry、プロジェクション・マッピングが大好物、という編集者。フランス人とアメリカ人とルームシェアしています。出身は滋賀県。ラブ琵琶湖。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking