SHARE


こちらは、現在ルーミーにインターンとして参加しているEeviによる記事です。英語と日本語でお届けします。

ビートルート(テーブルビート)という野菜を知っていますか?

北ヨーロッパでは有名で、缶詰として売られていることが多い野菜です。幹が赤いところから、特に秋からクリスマスシーズンの食卓に並び、主に肉料理やキャセロール、スープなどによく使われます。

Beetroot is a popular vegetable in North Europe, where it is used mostly in canned food. It’s used mostly from Autumn to Christmas, because of its red colour. Beetroot is also used in beefs, casseroles and soups.



それでは私の母国、フィンランドでのビートルートを使ったレシピを紹介したいと思います。

In Finland they have made some new recipes to Beetroot, and telling all new ways of using it.
Here’s some of the newest recipes.



こちらはゴートチーズとビートルートのサラダ。色彩のアクセントにもなるし、キノコやナッツ、プラムを使ったメニューと同じく、秋が感じられます。

Putting beetroot in goat cheese salad, gives some nice coloring to food, but in the same time it gives fresh Autumn taste, like mushrooms, nuts and plums do too.

最近フィンランドでも、日本料理の認知度は高まってきていて、ビートルートのスープに、ワサビを入れるのもオススメです。ワサビのピリリとした辛みは、フィンランドのどんより暗い秋の夜にピッタリ!

Because Japanese food is now in Finland, they recommend you to put some wasabi cream to beetroot mash soup, so you can have some spiciness and energy to dark autumn evenings.



さらに、この野菜はスイーツにもなります。人参がケーキになるように、ビートルートはアメリカンブラウニーとの相性が抜群です。作り方は簡単、切り分けたビートルートをブラウニーの生地にいれるだけ。ブラウニーがジューシーになります。しかもなんてったってヘルシー!

Beetroot goes also well in sweet foods! Just like carrot goes to cakes, beetroot will go nicely in American brownies. Just put some teared beetroot in brownie dough and your brownies will get more juicy and have a nice and fresh side taste in them. In this way your brownies will be healthier too!

日本ではまだまだ知名度が低いですが、シンガポールやマレーシアなどのアジア圏の国ではジュースで飲まれることが多いようです。気になる方は是非試してみてください!

Even though beetroot is not a popular vegetable in Japan, the nearest place it is used might be Singapore, Malaysia, where they are using beetroot in health juices.

Punajuuren maku piristaa! [Kotiliesi]
Translated by Nagaomi Kawaharada

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense