お店の看板を作る上で一番大事にしたいのは、“ぱっとみてすぐ何屋さんなのかわかる”ということ。ではこのお店はどうでしょう。



ドイツにあるこちらの自転車屋さん。これでもか! というほど、壁に貼付けられた自転車達。これを見て銭湯? と思う人はいないはず。



ある日下取り品でお店に届いた40台の自転車の置き場に困り、スタッフが店長に相談したところ「壁にかけておいて」と言われ、それを真に受けたスタッフがお店の外壁に付けたのが始まり。

あら? いいんじゃない? と次々に自転車を追加し、今では約120台の自転車がかかっているとか。

このおかげでお店の売り上げは40%もアップしたそうです。



なるほど。なにごともアイデアですね。

When on Earth

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense