SHARE


暑さが落ち着いた9~10月のポートランド。ダウンタウンのパークブロックスは紅葉がまぶしく、ポートランダーたちは雨期に入る直前のつかの間の秋を楽しみます。



以前にも少し触れましたが、ポートランドではアートがとても盛んです。それを象徴するイベントの一つが「First Thursday(ファースト・サーズデイ)」。アートギャラリーが多く集まるエリア、ダウンタウン/オールドタウン(SW)パール地区(NW)にて、毎月第一週目の木曜日に開催されます。

Photo by Hellion Gallery

それぞれのギャラリーが月に一度展示内容を変え、エリア一体となって展示会のオープニングをむかえます。こちらはNWにあるHellion Gallery(ヘリオン・ギャラリー)。日本を含めた世界中のアーティストたちの作品、ときにはアーティスト同士のコラボレーション作品も楽しめる、おすすめのギャラリーです。

Photo by Explore the Pearl

当日、アートギャラリーではワインやドリンクが振る舞われ、街の人々はギャラリーをはしごして展示会を見て回ります。レストランやバーも多くの人で賑わい、エリア全体がローカルの社交の場と化します。

展示会を手がけたアーティストたちがオープニングに参加していることも珍しくありません。数年前、ある作品の前で「この絵いいよね」と友達と話していたら、横から「ありがとう」とアーティスト本人から声をかけられたこともありました。そんなカジュアルさがポートランドの魅力です。



オススメしたいもうひとつのギャラリーが「Everett Station Lofts」。隣接する3つの建物がリノベーションされて一体化し、その中にある47の小さなユニットには、ギャラリーと生活兼アトリエスペースが入り交じっています。ここではアーティストたちが集まって暮らし、創作活動をして、展示をしている。まるでポートランドのローカルアーティストたちの縮図のようなスペースです。



Everett Station Loftsは展示料が比較的安いので、駆け出しのアーティストが集まってグループ展をしたり、奇抜なパフォーマンスアートが見られたり、ジン(手作りの出版物)を多く取り扱っているのも特徴です。



アートが身近なこの街では、一般の人がまるで家具や雑貨を買うようにアートを買い、家に飾って楽しみます。また、アートプリントを販売しているギャラリーもあるので、気に入った作品をポスター感覚で買って帰ることもできます。


Photo by Last Thursday On Alberta

そして、First Thursdayとは対照的な「Last Thursday(ラスト・サーズデイ)」というイベントも存在します。アートギャラリーが舞台のFirst Thursdayとはうって変わり、Last Thursdayでは路上がメインNEのAlberta(アルバータ)ストリート毎月最終週の木曜日に開かれます。作品が路上で販売されたり、パレードのようなパフォーマンスもあり、手作り感が満載のストリートフェアです。天候に左右されるので、7〜10月頃(11〜6月にかけてポートランドは雨期なのです)がベストシーズンです。

ポートランドを訪れる場合、月末〜翌月初めにかけて滞在すれば、1週間あまりでLast ThursdayとFirst Thursday両方のイベントが楽しめますよ。どちらもポートランドのアートシーンが体感できるおすすめのイベントです。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense