SHARE


スマホで操作できるものに、また新たなものが登場しました。その名も「iKettle」。世界で初めてWiFi接続された「電気ポット」です。

スマホを通してお湯を沸かすことができるだけではなく、起きる時間にアラームをセットしておけば「Good Morning! お湯を沸かしておきましょうか?」というメッセージと共に起こしてくれます。また、家に帰宅すると同時に「Welcome Back! お湯を沸かしましょうか?」などの通知を設定することも可能とのこと。可愛いではありませんか。



さらに、動画が気になる方はコチラをご覧ください。

お湯の温度は100℃、95℃、80℃、65℃から選ぶことができ、飲み物によって温度を使い分けることができます。もちろんスマホから選べます。現在、FIREBOXでプリオーダー中の「iKettle」、お値段は£99.99(約15700円)となっております。詳細はコチラからどうぞ。

「でも、水は自分で入れるんでしょ?」なーんて、ヤボなことは聞かないで下さい。赤ちゃんのいる家庭では、スマホ操作でミルクのお湯を沸かせられるだけでも嬉しいはず。使い方によっては便利な電気ポットですよ。

デザインもシンプルなので、家電、ガジェット好きにもオススメです。

IKETTLE [firebox]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense