美しすぎて、息が止まりそう。

昔から女性の美しさを彩ってきた簪(かんざし)。その歴史を大切にしながら新しい風を吹き込む、簪作家・榮さんの生み出す作品が、本当に美しすぎるんです。

数ある作品の中からいくつかご紹介していきます。


月下美人(赤い月)


黒鳥(濡羽)


桜(明けの桜)


白梅(零れ梅)



鬼灯(ほおずき)


酔芙蓉


蝶(切り絵)

トップの画像は、某テレビCMで滝川クリステルさんが髪に飾っていた牡丹です。

まるでお花や蝶たちの時間が止まったような簪。そのすべてが繊細で、艶や透明感、みずみずしさといった質感の表現も圧巻です。世界中の美しさが凝縮されているといっても過言ではないかも。

今後もどんな簪が作り出されていくのか楽しみですね。

他にもFlickr上に素敵な作品が公開されていますよ。いつか榮さんの簪をまとってみたいな。

Photo by OSAMU YAMAZAKI簪作家 榮-sakae-

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense