ドイツにあるこの黒い家。窓も全て真っ黒です。どうしてこんなことになったのでしょうか?

下の画像は黒く塗られる前の姿です。



元々はパブリックアートのキャンバスとしてストリートアーティスト達に提供されていた家でした。この度、その役目を終え、解体することになったのです。黒く塗った理由は解体までの間のお別れのしるしだそう。

さよならすらもアートになるステキな家。ちなみに、跡地には新しいアートギャラリー再築される予定です。

しばらくの間はGoogleストリートビューでも黒い最後の姿を見ることができます。

A Monochromatic Farewell to a Condemned House in Germany [colossal]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense