田舎暮らしに憧れる。



東京から電車で2時間半、クルマなら約1時間。都心から気軽に行き来できる千葉県富津市金谷KANAYA BASEが、海を目の前にしたコワーキングスペースを音と映像で東京の渋谷ヒカリエ8階「田舎と都会のaiiima」に再現した興味深いプロジェクトを実施。田舎暮らしの新しいPR方法として注目です。



千葉県富津市金谷にあるアトリエから見える海の景色の画像をプロジェクターで壁に投影し、波の音、風の音、夕方の鐘の音などを音響で再現。東京にいながらそこはまるで海に面した田舎のオフィスそのもの。

実際に田舎暮らしをしながら東京と2拠点で仕事をしているスタッフが常駐し、田舎暮らしの実体験を教えてくれます。現地のUSTREAM中継などもあり、知りたい田舎のすべてを教えてくれるようです。



コワーキングスペースを利用して田舎を感じながら仕事する時間を体験できるなんて、ノマドワーカーにとっては嬉しいですね。様々なワークショップを楽しむこともできます。



都会で過ごす毎日に疲れ、のんびりと田舎で生活できたらなんて考えてはいても、いきなり田舎に引っ越すなんてなかなか決断できないもの。都会に出張してきた「田舎のオフィス」を体験して、田舎暮らしを垣間見てみるのはいかがでしょうか?

10月20日まで開催。詳しくは下記リンクよりお問い合わせください。

田舎と都会のaiiima presented by KANAYA BASE [KANAYA BASE]
田舎と都会のaiiima Presented by KANAYA BASE (『ハロー・ニューーー・ワーク aiiima / incubation project 001』) [Creative Lounge MOV]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking