SHARE


ヒモを引っ張るとTシャツの裾がするすると上がっていく「ブラインド」Tシャツ、本物のチェーンがプラプラ垂れているお風呂の「栓」Tシャツ、などなど。

Tシャツのデザインに立体の要素をちょっとだけ混ぜてみると、こんなに楽しいTシャツができあがりました。テーマは日常。日常のありふれたものたちが、アートなTシャツの主役として大活躍。



ボーダーのように見えますが、じつは「ブラインド」柄。



ハトメの穴からひもが出ています。



ヒモの先端は、ちゃんとひも留めパーツでとめてあります。



そして着ている時に引っ張ると。

こちらをデザインしたのは能登夫妻。能登夫妻・夫と能登夫妻・妻からなるデザイナーデュオです。夫婦共に金沢国際デザイン研究所KIDI・プロダクトデザイン科出身。2005年、日常のありふれたものや風景をTシャツの上に再現する試みTシャツブランド「シキサイ」を設立し、国内外のミュージアムショップを中心に展開しています。



こちらはあの定番ゲーム柄ですが。。。



コマは缶バッジになってます。



好きなマス目に配置していろんな模様を楽しめます。

Tシャツのボディーは、墨田区の老舗Tシャツメーカー「久米繊維工業」の協力で型紙から制作した「シキサイ専用」オリジナルTシャツ。日本で糸を紡ぎ生地を編み立てた「国産」のTシャツですから、着心地も抜群。スタンダードでありながらすっきりとしたシルエット。女性用は襟ぐりが広めで、肩や袖の形も女性らしい形に仕上がっています。

まだまだ他にもいろいろ種類があるので、ぜひこちらでチェックしてみてください。

シキサイnovelax online store

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense