SHARE


針、ながっ!



「時間」ってずっと続く長いもの。その「長い」という概念と共にワイヤー素材を眺めながらインスピレーションを得たという、Studio Veの壁時計「lithe」。



文字も何も描かれていない、不均一な円形のセラミックベースというナチュラルな土台を大きくはみ出して、長い短針と長い長針が優雅に踊るその姿が何ともエレガント。



長さゆえに針がゆらゆら揺れるその動きに、時間は常に動いているのだというライブ感を覚えてみたり。



広いカベを彩る、素敵なインテリア・クロックではないでしょうか。Kickstarterのクラウドファウンディングによる資金調達にも成功。今はこちらから購入できるようです。

カジュアルな服装のバレリーナの動きで優雅さを表現したメイキング動画も素敵ですね。

ちなみに以前にルーミーで紹介した、これまた優雅な「Manifold Clock」と同じスタジオのデザインです。

the lithe clock by studiove [designboom]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense