うん、これは想像力と創造力の翼が広がりそうだ。

紙に黒いペンで線を描くと、描いたばかりの線の上を音を出しながらロボットが走り出します

赤や青、黄色などの色をその線の上に書き足すと、そこでは違う高さの音が出るようになっているのだそう。



黒と色とりどりのペンさえあれば、どんな形の線を描いても、どんな色で模様や飾りをつけてもいいのです。もちろん絵を描いたっていい。

どんな風に動いていくか、どんな音が出るのか、無限大に楽しむことができそう。

詳しくは動画で。大人も楽しんでいる様子がわかります!

Looks Like Music by Yuri Suzuki from Dezeen on Vimeo.

こちらはサウンドアーティスト・デザイナーのYURI SUZUKIさんの作品『Colour Chaser』です。

スズキユウリさんといえば、1999年から2005年の間、明和電機のメンバーとして活躍、そのあと、ロンドンやストックホルムなどを拠点として、インスタレーションデザインやサウンドアートの作品を生み出し、活躍中です。

絵と動きと音楽の融合。ここから、新しい世界がまた広がりそうですね。

Watch Little Robots Create Music On Colored Paper [Design Taxi]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense