イタリアの工房「Barrique」が手がける、ワインの樽から作られた家具たち。 使われる樽は、最低5年はワインを寝かせた味わいのあるものばかりです。



一つ一つ手作りされており、デザインの良さと木の温もりが感じられます。



使い古された樽をアップサイクルしているのも、エコへの意識が高いヨーロッパらしい発想。樽になった木に3回目の生命を与える素敵なプロジェクトです。

そんな家具には、他にも注目すべきところがあります。



「Barrique」は、ヨーロッパで最大の薬物患者のリハビリセンターであるSan Patrignanoの一部として作られた工房。リハビリの一環として、入院中の若い薬物患者たちによって作られているのです



リハビリに励みながら家具を作る患者さんたち。更生するポイントとなるのは、必要とされること、感謝されること、そして技術を得ること。まさにそれらの要素を与えてくれる素晴らしい工房です。



Barriqueはもう30年も運営をしていて、薬物患者たちの更生を助けながら、同時にアップサイクルも実践し続けています。さらに、近年ではワインも生産するようになり、販売もしているとか。

これらの家具やワインなどはSan Patrignanoを通して販売されているそうです。

Swing Chair Designed by Angela Missoni is Made from Reclaimed Wine Casks [Inhabitots]
[Barrique

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense