あまりにも見事なカモフラージュで、一瞬人が入っていることがわからなくなるボディペイント作品。

イタリア人アーティストのJohannes Stotter氏は、背景に合わせて人体に繊細なボディペイントを施します。背景のアートやオブジェクト、最近では動物などにすっかり同化しているから驚きです。



花びらに隠れた人の顔。



薪に同化する横顔。



探してみましょう、といって人に見せてみたくなるほど、完成度の高いカモフラージュですね。



こちらはなんと5人のモデルにボディペイントをして1匹のカエルになっているんです。しばらく眺めないと全員を見つけることができませんでした。



枯葉の妖精みたいですね。

コンセプトとしても面白いうえに、本当にリアルなボディペイントに感動します。続きはこちらからお楽しみください。

彼の作品はまるでどんどん進化していっている様子。今後の活動にも注目したいです。

Stunning Body Paintings Conceal Human Body in Plain Sight [Laughing Squid]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking