写真集ではなく、ノートです。

ユニークなプロダクトを展開する「the.」が制作する「Walls notebook」というノート。普通、ノートといえば真っ白な紙。何も書いていないからこそノートなのですが、このノートはニューヨークの街角で撮影されたさまざまな「壁」80種類がすでにプリントされています。つまり、その写真の上にまるで「落書き」するかのように絵や文字を書くというわけです。



みなさんも知っての通り、街中への「落書き行為」は犯罪です。しかし、このノートであれば家の中で好きなだけグラフィティを楽しめます。しかも、アートの街ニューヨークに落書きし放題! グラフィティを練習したいかたにはもちろんオススメですが、実はアイデア帳やネタ帳としてもオススメです。

白いノートを見ながらアイデアを考えるより、壁に落書きをするような感覚で手をおもむくままに動かし、絵や言葉をどんどん書いていき、その出来上がったページ自体に触発されてまた別のアイデアが浮かんできたりと、もしかしたら普段では思いもよらないアイデアが出てくるかもしれません。

みなさんの中にも、普段は横に線の入ったノートを使っているけど、結局はそれらの線を無視して縦横無尽に絵や文字を書いている人も多いはず。そんな人は一度使ってみてはいかがでしょうか。以下のサイト、またはアマゾンでも購入可能です。

書き終わった後も本棚に閉まっておきたくなりそうなノートですね。

[Walls Notebook]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking