SHARE

お家時間を楽しく、心地よく。ルーミーがいま気になるアイテムをレビューしていきます。アーカイブはこちらから。

インターバル撮影とは、設定した撮影間隔で自動的に写真を撮ることです。

以前roomieでは、インターバル撮影が気軽に楽しめる専用カメラとして「レコロ」をご紹介しました。

折り紙でGIFアニメを作ったルーミー編集部としては、やはりインターバル撮影にも興味津々。どんなものかと、実物にさわってみました。

本体はポップな色とデザイン、そして手にすっぽり収まるほどのコンパクトサイズが特徴です。付属の三脚を取り付ければ、被写体をじっと見つめるモンスターのような愛らしいルックス。SDカード、電池、ACアダプタは別途購入が必要です。

さて、被写体と場所を決めたら、設定に入ります。ボタンは6つだけで、シンプルなインターフェイスです。





操作もたったの3ステップです。

1. 撮影する間隔を決める
(3秒・5秒・10秒・30秒・1分・5分・10分・30分・1時間・6時間・12時間・24時間の中から選択)

2. 再生速度を決める
(1秒間に再生する枚数を1~24コマの中で選択)

3. 撮影モードを決める
(ノーマル・モノクロ・ビビッドから選択)

あとは撮影をスタートするだけ。

植物の成長や建物の建設過程など、被写体の動作がゆっくりしている場合は、撮影間隔を長く、再生速度を速くするとよいです。

一方で、雲の流れや調理手順など、被写体の動きが比較的速いものは撮影間隔は短く、再生速度を遅くします。

撮影終了後にSDカードをPCに読み込むと、写真がつながった動画として保存されています。とっても楽ちんです!

さてさて、実際に撮影した動画をお見せします。ルーミーのチャレンジシリーズの最高峰、地獄パズル完成への道のりを撮影したものがコチラ。撮影間隔:3分、再生速度:24コマ、ノーマルモードです。あっという間に完成しているように見えますが、長く静かで熱い己との戦いだったのですよ…! 詳細はコチラの記事からどうぞ。




そしてもうひとつ、ルーミーのイメージキャラクター「るみたん」の似顔絵を描いてみたところ、アニメーション風に仕上がりました。撮影間隔:5秒、再生速度:7コマ、ノーマルモードです。




被写体や場所によって最適な設定はまちまちなので、何度か試し撮りをして、設定を調節するのが一番です。アマゾンで販売中。

ホームパーティーの風景をお友達とシェアしたり、お留守番中のペットの様子をチェックしたりと、使い方は無限大。いえなかの日常が少し違った視点で見られますよ。家族やお友達と、楽しく使ってみてください。

[KING JIM インターバルレコーダー レコロ]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense