文字を組み合わせて何かに見立てる作品をときどき見かけます。

今回紹介する作品は、顔がつくられている文字に注目してみてください。

海外アーティストJustin Timblerlakeの顔です。凛々しい顔が特徴ですね。



文字だけで人の顔をつくっているだけですごいのですが、さらにすごいところは、顔を構成する文字すべてが、そのアーティストの曲名でつくられているところなんです! よく見てみると、「SUIT&TIE」や、「MIRRORS」などの最近の曲から、「SEXY BACK」など比較的昔の曲までびっしり敷き詰められています。

まるで、自分の曲が自分をつくっている、とでも言いたくなるような感じ。影もうまく文字を使って表現されていて、全体を見ると違和感がありません。

どのアーティストもそれぞれの顔の特徴を捉えていて、とても面白いです。


『Rihanna』



『Jay-Z』



『Kanye West』



『Harry Styles』



もし自分がつくられるとしたら、どんな文字で構成されるんだろう。そんなことを考えながら見てみるのも、ひとつの楽しみ方かと思います。秋の夜長、ひとつ考えてみてもいいかもしれませんね。

Using Song Lyrics, Artist Creates Typographic Portraits Of Popular Singers [TAXI]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking