今回のLondon Design Festival 2013で発表されたBenjamin Hubertさんデザインの木製テーブル「Ripple」。ナントたったの9kgしかありません。



松の仲間のカナダトウヒという木が材料です。これを0.8mmの合板に加工したものでできています。



特殊加工された合板をウェーブ型にすることで、通常の2倍の強度になるそうです。テーブルの天板と合わせても3cmという脅威の薄さ。



ちなみにこの椅子もBenjamin Hubertさんがデザインした「Membrane」という作品。こちらもたったの3kg! 紹介動画がこちらから見られます。

シンプルなデザインなのでお部屋のコーディネートを選びません。また非常に軽いので女性や子供でも簡単に持ち運びができます。模様替えが簡単にできそうですね。近日中にこちらにて販売開始予定です。

[dezeen magazine]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense