カメラ付きインターホンが一般的となっている中で、異彩を放つプロダクト企画。



カメラとマイク付きのドアベル「iDoorCam」は、クラウドファウンディングによる資金調達で目標額の5倍以上を達成しているWi-Fi仕様のスマホ連動型ドアホン



ベルを押せば、カメラとマイクが訪問者の様子を捉え、手元のスマホで確認できるという仕組み。スピーカーやモーションセンサーも備わっているので、双方向コミュニケーションも可能で、3G/4G/LTEなどで外出先でも訪問者の存在が分かります。



まさにスマホ世代のドアベル。ミニマルでスタイリッシュなデザインもさすがです。



配線要らずで取り付け方法も簡単。



ただし、外出先から見知らぬ訪問者に対して答えられるということは、不在であることをあえて知らせてしまうことになりかねません。「不在時のドア越しの答え方」には注意が必要な気がします。それさえ気を付けていればとても便利そうです。

こちらのリンクで日本からも購入できるようですが、最初のプロダクトは2013年の10月に配送予定です。

[iDoorCam]
iDoorCam: Answer door from mobile device [indiegogo]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense