SHARE


紙から紙へ

ものを包む“おりがみ”の発想で生まれたこのコンセプトデザイン、段ボールプリンター「Origami」

究極のリサイクルサークルを生み出すこのプリンターはサムスンのデザイナー、min-chul kimg氏、sang-in lee氏、 そしてseung-wook jeong氏による作品。2013 international design excellence awardsに出品されたことによって世間の注目を浴びています。

プリンターのボディはプラスチックで作られるのが一般的ですが、究極的な環境配慮によって材料の軽減を追求しました。

作り方は本当に簡単。

インストラクションに従って折って、プリンターを包装するだけ



この発想を元に、端をパチパチっとはめていくだけの「Clip」も生まれました。



パズルのように一つ一つのピースで囲み、色も自由に選べて自分仕様にカスタマイズし放題の「Mate」も発表されています。



紙をプリントし、その紙がリサイクルされてまたプリンターのボディーとして生まれ変わり、新たに紙をプリントする。

“紙のライフサイクル”というメッセージを投げかけるエコなプリンター。商品化に期待です。

samsung eco-conscious origami cardboard mono laser printer[designboom]
2013 international design excellence awards[idsa]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense