SHARE


病院に入院した時や手術の時、点滴を経験したことがある人も多いかもしれません。

必要なことだとはわかっているけれど、長い時間、ポタポタ垂れる薬を眺めているだけでは退屈。そんな点滴が、少しでも楽になるアイデアが「Halo Duck」。

点滴のパックの中にあひるを入れて、薬液が減るとあひるもどんどん下にさがっていきます。子どもたちは、そのちょっとした変化に安心感を感じるのかもしれません。



薬液が無くなった時は、あひるが点滴パックの下部にふたをし、血液の逆流を抑えることができるのだとか。

病気やケガと戦う時には「我慢」が必要な時もあるもの。でも、ほんの少しでも我慢する部分が少なくなって気分が楽になる。

そんなアイデアは、どんどん応援したいと思います。

Halo Duck [Yanko Design]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense