たった2.7キロ…!! 島から島へ一瞬でひとっ飛び。

世界一短い航空路線はスコットランド北部、オークニー諸島のウェストレー島からパパ・ウェストレー島を結びます。

Loganairによって運営されているこの路線、公式のフライト時間は2分間ですが、良い風をつかめば47秒で到着するらしい(ナウシカか!と突っ込みたくなります)。

チケットの値段は1人約30ドル(3000円)で、当然ながらフライトサービスはありません。




パパ・ウェストレー島は70人超の住人と60以上の古代遺跡がある島。

この世界一短い航空路線を運営するLoganairは、1960年代からはじまり、今や観光スポットとして人気だとか。夏の間、週に数日運行しているそうです。

船で良さそうなルートですが、50年近く飛行機のルートが廃れず続いているのは凄いなあと思いました。

[Amusing Planet]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense