カレーを作るとき、日本人の私たちはカレーのルーを使うのが定番。市販のルーは溶かして混ぜるだけで、とても簡単においしいカレーができますが、添加物が含まれていることも。

カレーは本来とてもヘルシーな食べ物。カレーの材料となるスパイスやハーブは、体にいいものばかりなのです。今回は、添加物一切なしで簡単に作るオリジナルのカレー粉レシピを紹介していきます!


【材料】(10皿分)

■ 香り付け用 ※分量の単位は大さじ
・クミン (1)
・カルダモン(2/3)
・シナモン(1)
・クローブ(1/2)
・ローレル(1/2)
・オールスパイス(1/2)
・コリアンダー(1)
・ガーリック(2)

■ 色付け用
・ターメリック(3)

■ 辛み付け用
・カイエンペッパー(1/2)
・ブラックペッパー(1)
・ショウガ(1)


【作り方】

1:まず材料を分量通りに用意します



2:フライパンにガーリック、ショウガ以外のスパイスを入れ、中火で2~3分炒めます



3:ガーリック、ショウガはみじん切りにしてからまた2~3分炒めます



4:すべての材料を混ぜ合わせ、もう一度軽く数分炒めます。このとき、焦がさないように注意!



5:香り高い自分だけのカレー粉ができあがりました!



6:できあがったカレー粉は、粗熱がとれたらビンなどの密閉容器に入れて、冷暗所で保存。 熟成期間(約1ヶ月)をおくと、スパイスが落ち着いてバランスのとれた味になります。


このカレー粉を使ってほうれん草カレーを作ってみたところ、油っぽさがまったくなく、サッパリした味のおいしいカレーができました。その後このカレー粉でチャーハンにも挑戦しましたが、これも大成功。黄金色のリッチな香りのチャーハンは結構ハマりますよ!

スパイスを調合する手作りのカレー粉は、辛めが好きな方はペッパーを多めにしたり、黄色目なカレーが好きな人はターメリックを多めにしたりなど、自分なりのカスタマイズが楽しめます。材料がそろえば本当に簡単に作れるので、ぜひ試してください。自分でイチから作ったという満足感も得られますよ。

ちなみに上野のアメ横では、お手頃の価格で、上記のすべての材料を手に入れることができます!

Yukitchen

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense