ドラムセットの周りに立ち並ぶたくさんのシンバル。あれって消耗品だってご存知でした? 何度も何度も叩かれていくうちに次第に弱くなっていき、最後には割れてしまうのです。

デザイナーのLeonardo Criolani氏が提案するのはそんな割れてしまったシンバル、通称「割れシン」を再利用したランプシェード。ロックテイストあふれるかっこいい仕上がりになっていますね。



こちらからオーダーもできますが、電気配線の知識があればDIYもできちゃいそう。割れシンは音楽スタジオやライブハウス等で無料〜数百円で手に入りますよ

有名アーティストのサイン入りや、思い出の一枚などで作ってみるのもよさそうです。



軽音系のサークルにいたので、練習用にスタジオ回って買いあさってきたものです。懐かしいなぁ。

Broken Cymbal Lamp by Leonardo CriolaniLeonardo Criolani via GBlog

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense