SHARE


京都にあるお茶の名店「伊藤久右衛門」から季節限定のパフェが登場しました。

人気抹茶パフェの秋限定バージョンである「紅葉パフェ」。丹波大納言の自家製ようかん、鳴門金時いも、栗の甘露煮など、秋の味覚と本格宇治抹茶の組み合わせがぜいたくな一品。まるで芸術品のようなパフェです。



伊藤久右衛門の創業は江戸後期・天保3年。初代伊藤常右衛門(いとうつねえもん)・瀧蔵さんが茶業に携わったのがはじまりだそうです。創業の地である宇治田原では、現在も伊藤家に代々受け継がれる茶園で茶づくりを続けています。



こちらは8月に宇治本店へ訪れたときにいただいた「茶だんごパフェ」。甘すぎず、本当に「上品」な味で、接客がとても丁寧なことも印象的でした。

JR宇治駅から徒歩約15分、京阪宇治駅からは約5分。もし京都に足をお運びの際は、伊藤久右衛門へお訪れてみてください。

本当においしい抹茶と宇治の歴史を堪能できる素晴らしい経験になると思います。

伊藤久右衛門

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense