SHARE

いきなりですが、これは写真ではなく、「油絵の具」で描かれた作品なんです!

紙に書かれている文字が鉄球に反射して歪んでいる様子、よく見ると何重にも積み重なっている影など、ひと目見ただけでは全くわかりませんよね。

これを描いているのは、スペインはマドリードを拠点に活動しているアーティスト、Pedro Camposさん。あまりにも写実的な作品を描くことで有名な画家です。



ビニール袋に入っている果物、ビー玉などが持つ艶やしわ、滑らかさが、作品の中にそのまま入り込んでしまったかのような錯覚に陥ってしまいます。




また、Camposさんの作品は対象の物質をよく観察しているな、と感じられます。自分たちが何気なく見過ごしているものを細かいところまで見て、それを寸分の狂いもなく描き上げていく。だからこそ、こんなにリアルな作品が描けるのですね。




みなさんも、普段使っているものをいつもより少しだけよく観察してみると、いつもとは違ったことに気づけるかもしれません。

15 Unbelievable Paintings That Look Like Photographs [Twisted Sifter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense