SHARE

ちょっとしたアイデアが、たくさんの人の命を救うんだ!

劣悪な衛生環境のもと、毎年、数千人という人々が、チフス、肺炎やコレラなどの感染症が原因で命を落としているという、南アフリカの貧しい街。とりわけ、体力や免疫力の弱い子どもたちの感染率は高いのだそう。

そんな感染症を防ぐための方法の1つは、「手を洗うこと」。でもただ手を洗いましょう、というだけでは、子どもたちにその習慣は浸透しないんですよね。



そこで、WHO(世界保健機関)が考えたのが、子どもたちが使いたくなるような石鹸「Hope Soap」を作って、「手を洗うこと」を習慣にすること。



この石鹸の中には、ミニカーや小さなフィギュアなど、子どもたちの大好きなおもちゃが埋め込まれていて、このおもちゃを取り出すために、積極的に石鹸を使い、手や顔、体などを洗うようになりました。

そして、感染症の発症率は、なんと、70%も減少したのだそう。詳しくは動画をご覧ください。

ただ石鹸を配るだけでなく、それをしっかりと「使う」ような仕掛けを作ったというアイデアがあったからこそ、たくさんの命が救われる。まさにアイデアとデザインの勝利ですね!

感染症発生率が70%減少!子どもたちが石鹸を使いたくなる“Hope Soap”プロジェクト [Ad Gang]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense