SHARE

世界で流通しているコーヒー豆は、大きな麻袋で運搬されています。

コーヒーの麻袋は、どこから来たものか一目でわかるように、大ぶりな文字やグラフィックを配したデザインが印象的。そしてなにより、軽くて丈夫という実用性があります。

ところが残念なことに、この袋は中身を出したら捨てられてしまうことが一般的です。そこで、その麻袋をリユースをして生まれ変わったのが、バッグブランドの「KISSACO(キッサコ)」。



ブランドネームの由来は、禅語の「喫茶去(キッサコ)」で、“お茶でも一服どうですか”という意味。“茶の湯の前には誰でも等しくあるべき”という姿勢にもつながり、「あらゆるものに境界線をひくことなく、自分の感覚に響いたものを素直なかたちで届けたい」とコンセプトからきています。

デザインもさることながら、驚くのは見た目以上の軽さと丈夫さ。麻袋にビニールコーティングして防水性も備えました。

また、革や金具も部分的に廃材をリユースしており、麻袋や取っ手を自らセレクトして作るスペシャルオーダーもありますよ。オンラインストアはこちら。

コーヒー好きなあの人にプレゼントしてみては?

KISSACO

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense