トラフ建築設計事務所《トラフのオバケ屋敷は“化かし屋敷”》のためのイメージ 2013年

美術展といえば、その多くは静かな雰囲気の中で絵画や芸術作品を楽しむもの。通常は「走らない」「触らない」「さわがない」が、美術館のルール。

だけど、好奇心の塊である子どもたちは、そんな美術館の中だって、走りたい、おしゃべりしたい、そして、いろいろなものに触りたいんですよね。

そんな子どもたちに朗報です! なんと、走ってOK触ってOKはしゃいでOKの美術展『オバケとパンツとお星さま展』が、2013年9月8日まで東京都現代美術館で開催されていますよ。

『オバケとパンツとお星さま展』は、幼児から小学生までの子どもたちが主なターゲット。子どもを象徴する言葉「オバケ」「パンツ」「お星様」をキーワードに、5人(組)のアーティストの作品で構成されています。


ゼロゼロエスエス《変身コーナー「ひとついつもとちがうわたし」》2013年 [参考図版] 撮影:四十物 義輝

変身コーナーでは、ひげをつけたり、不思議なオブジェをまとうことができ、いつもとは違った姿で、展覧会をめぐることができます。


デタラメ星座協会《デタラメ星座群》のためのイメージ 2013年

デタラメに星をつないで星座を作ることができる場所、たくさんの額縁が並び、何かが起きそうな「トラフのオバケ屋敷は“化かし屋敷”」など、触ったり、感じたり、ビックリしたり、笑ったりしながら、楽しむことができそう。子どもたちの新しい顔を発見できるかもしれません。

マナーを気にして「美術館に行くのは、子どもがもう少し大きくなったら」なんて、諦めているパパやママもリラックスして展示を楽しめますね。もちろん、大人だけの観賞もOKです。9月8日までなのでお早めに。展覧会情報はこちらからご確認ください。

さあ、創造の翼を広げて、子どもも大人も、楽しんじゃいましょう!

オバケとパンツとお星さま展[東京都現代美術館]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking