SHARE

定規といえば、線を引くもの。

なのですが、先ごろ、マサチューセッツ工科大学に所属する、Anirudh Sharmaさん、Lirong Liuさん、Pattie Maesさんが開発した、透明なディスプレイ付の定規がハイテクすぎて、目がテンなんです。



Glassified」と名付けられたこの定規は、ペンで線や図形を引き、定規のディスプレイを図形に重ねると、簡単なゲームで遊ぶことができたり、書いた図形の面積をサッと計算してくれます。

もう辺の長さを測って、公式を思い出して計算する必要もないんですよね。そのスゴさは、動画でご確認ください。

Glassified: Ruler with transparent display to supplement physical drawing from anirudh on Vimeo.

瞬時に人が描いた図形を認識し、プログラミングされた内容を再現する。いろいろな場面で活用できそうですよね。この先の発展に期待です!

Glassified: Ruler with transparent display to supplement physical drawing [vimeo]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense