SHARE

現物はまさに「クリーチャー」なタコさん。デフォルメされていればかわいいけど、リアルなタコってやっぱりちょっと触れないよ…。

そんなクリーチャーっぷりをしっかりと表現したタコ型スカルプチャーのキャンドルスタンド「Octo-Labra」が、なかなかリアルで存在感があります。

かつてルーミーでは「うねうね動くたこ足USB」とか「引くほどリアルな8本足のたこテーブル」とか「背面の迫力。ダークなリアルアニマルチェア」のオクトパスとかを紹介してきましたが、何故にデザイナーはどれもリアルなデザインを好むのでしょうか。



お仲間にOctopus Punch Bowlというのも。やっぱりリアル。

迫力ありすぎで、テーブルの上にあったらやっぱり引いちゃいそうです。でも慣れたら可愛いんですね、きっと。そう信じます。

Octo-Labra, Octopus Punch Bowl [The Source Collection]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense