SHARE

クライミングといえば、「切り立った岩山を登っていく過酷なスポーツ」というイメージ。

日本では、室内に設置された壁を登る「ボルダリング」が人気ですね。

先日、アメリカはユタ州のパークシティでクライミングの大会が行われ、その特徴的なクライミングウォールが話題になりました。



それは、アメリカで初めて開催された水の上のクライミングの大会「Psicobloc Masters Series」に設置された壁。50フィート(約15m)の高さのクライミングウォールの下には、プールが広がります。

しかも、ロープ・ハーネスは使わないので、落ちるとそのまま水の中にダイビングすることになるんですね。



別の角度で見ると、かなり高くて、急な斜面! 当日は3000人以上の観客が見守ったようですが、上まで登ることができても歓声、水に落ちても歓声だったようです。



最後なんてほぼ直角です。怖そう? それとも気持ちがよさそう? あなたなら、登ってみたいと思いますか?

この大会に出たクライマーはきっとこう言うに違いない。そこに壁があるから登る。下に地面が無くても。

Climbing Comp: A 50-ft Wall, Only Water Below to Catch Your Fall… [Gear Junkie]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense