SHARE

とっておきたくなる、使い捨ての食器を紹介します。

これは、生分解性プラスチックでできた野菜の形をした食器「Graft」。土に還るので、野菜のデザインがピッタリですね。

セロリの茎に見立てたフォーク、アーティチョークの花びらに見立てたスプーン、ネギの形をしたナイフ、ニンジンに見立てた小スプーン、オレンジの皮に見立てたボール。どれも野菜の形状の一部を使っていて、マッチしています。







これらは、プロダクトデザイナーのQiyun Dengさんにより製作されたもの。使い捨てとはいえ、捨てるのがもったいなくてずっと使ってしまいそうです。そのような、モノを大切にする気持ちになってもらえるようデザインしたのだとか。大事に使いたくなりますよね。製品化が待ち遠しいです。

使い捨てだけど、なんだか使い捨てられない。そんなちょっと変わった野菜の形をした食器でした。

[Graft]
GRAFT: DISPOSABLE TABLEWARE THAT LOOKS LIKE VEGETABLES [design milk]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense