130815ECcakes

SHARE

木星の内部構造の理解が深まりそう!

cakecrumbsというブログをやっているRhiannonさんは、以前つくった地球の半球ケーキが話題になったことを受けて、今回は木星の球体ケーキをつくったそう。



なぜ木星にしたのか? その理由は、秒速110mものスピードで反時計まわりに回転する高気圧の渦「大赤斑(Great Red Spot)」に興味を惹かれたから。大赤斑もものすごいリアルな出来で、見惚れてしまいます。



最初に球体のケーキをつくってから模様を描くそうで、製作時間はなんと8時間! 食べられるインクを使いながら、小さな筆で細かいところまで精密に描いているのがうかがえます。



外側は大赤斑をうまく表現し、内部構造も青(着色料)、白(クッキー)、黒(チョコ)の3色に分けてわかりやすくなっています。まさに圧巻の出来。

7月31日にはチュートリアルがYouTubeに公開され、すでに54000回以上も再生されています。字幕はすべて英語でしたが、そこまで難しくないので、お菓子作りに自信のある方は参考につくってみてはいかがでしょうか。


Jupiter Cake with Inner Layers and Detailed Atmosphere [MY MODERN MET]
Jupiter Structural Layer Cake [cakecrumble]

130815ECcakes

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense