SHARE

国重要文化財に指定されている横浜のドックヤードガーデンにて、最新の空間演出 「プロジェクションマッピング」を観ることができます。

こちらは、横浜ランドマークタワーの開業20周年を記念して開催されている、「LANDMARK 20th. FESTIVAL」というイベントの中のひとつ。高さ約10メートル・横幅約29メートルの船型の石壁に沿って映像を投影することにより、その世界に入り込んだような感覚が味わえる、屋外では日本初の“180度体感型プロジェクションマッピング”です。



開催日には、各回それぞれに整理券を配布しています。先着500名が入場できます。180度の体験をするには、入場が必須ですよ。

横浜の開港から、現在を飛び越えて、未来までをイメージした映像は圧巻です。みなとみらいは6月に「マークイズみなとみらい」もオープンしてなにかと話題ですよね。

この夏休みはみなとみらいへお出かけはいかがでしょう? 

映像を120%楽しむためのガイドはこちら

ドックヤード・プロジェクションマッピング

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense