SHARE

スツールはオシャレで無骨な感じがいい、という意見もありますが、こういうのもいいかもしれません。

今回紹介するのは、まるでロボットがヒザを曲げているようなスツール「Krux13」

白と黒の中央部分には、簡易的な収納スペースがあります。カードやパズルなどのゲーム類や、ちょっとしたお菓子の保管場所としてピッタリ。



アルミニウムと木材でできているので、多少の強度はあるようです。ただ、むやみやたらに座ったりしたらヒザが折れそう。

ただの物体としてのスツールが命を吹き込まれて、今にも歩き出しそうです。それに、引き出しの黒の部分が目に見えるのでどこか愛らしい印象も。インテリアとしてもかなりの存在感です。



まだ販売の見込みはないようですが、できれば早くリリースして欲しいですね!

KRUX13 BY CASE STUDYO AND DELTA [gBlog.]
Boris Tellegen x Case Studyo “Krux13″ Stool [HYPEBEAST]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense